珪藻土と聞くと真っ先に思い浮かぶのが、そうです「壁」ですね。まさに壁の材質として珪藻土を思い浮かべるのではないでしょうか。

 

そのほかには、最近大人気となっている珪藻土のバスマットです。ホームセンターに大量に販売されていますので、ご覧になった方の多いのではないでしょうか。

 

さらに言えば、珪藻土は七輪の素材にもなっています。この珪藻土の商品は、実は100均でもおしゃれな商品がラインナップされて、大人気となっています。今回は100均の珪藻土の商品について解説していきたいと思います。

珪藻土とは

 

珪藻土の性質を知れば、その商品がいかに素晴らしいかわかりますし、応用することもできるかと思いますので覚えておいて損はありません。

 

珪藻土とは、「珪藻の死骸が海の底に堆積し、化石となったもの」を言います。この珪藻土には、大きく4つの性質があります。

 

①調湿機能:湿度が高い時は水分を吸収し、湿度が高い時は、水分を吐き出します。これは、多孔性物質であるがための特性ですので、その吸水性は折り紙付きです。

 

②脱臭生:嫌な匂いを吸収してくれます。

 

③耐火性:七輪に使用されるくらいの断熱性があります。

 

④防カビ性:吸水性がありますので、いうまでもありませんが、カビも生えません。

 

このような特徴を踏まえておけば、色々と応用方法を考えることで、珪藻土の商品の使用の用途が広がるのではないでしょうか。

 

 

100均の珪藻土のマット・コースター

 

最近は、ダイソー、キャン・ドゥ、セリアから珪藻土の製品が出揃ってきています。先の特徴の項でも説明しましたが、やはり吸水性を生かした商品が多くなっています。

 

中でも一番人気なのがコースターです。紙のコースターなどは、びしょびしょになりやすく、水が垂れてしまったりテーブルが濡れてしまったりとイライラすることも少なくありません。

 

そんな時に、珪藻土のコースターを使えば、その吸水性でイライラすることも無くなります。また可愛い形をしているものも多くなっています。

 

セリアのコースターは、「吸水コースター」という商品名で、販売されています。残念ながら珪藻土ではなくセラミックでできています。

 


出典:Instagram

 

ですが、普通に使う分には、珪藻土の商品と変わりありませんので一応載せておきます。(円形と四角の形が発売されています。)

 

キャンドゥからは、きちんと珪藻土を練りこんだコースターが発売されています。(カラーは、青、白、ピンクで四角、六角形、円形、猫型がラインナップされています。)

 


出典:えんウチ

 

ダイソーからは、デザインが可愛い珪藻土コースターが発売されましたが、こちらは残念ながら150円となっています。

 

バスマットのように、大型の製品はまだ100均から発売されていませんが、多めに買ってDIYしちゃうのもありかもしれません。

 

ですが、珪藻土のバスマットは、安いものでは、2,000円くらいでも購入できますので、その辺を考慮して行なうといいでしょう。

 

 

コースターも自分なりに、これまた100均で売っているスタンプでデコレーションも可能ですので、シンプルなものに一手間加え見ても面白いかもしれません。

 

全面に着色も可能ですが、珪藻土の性質がすべて消失してしまいますのでご注意ください。

 

その他のラインナップ

 

①珪藻土スプーン:入れておくことで調味料などを湿気から守ってくれます。砂糖は、乾燥しすぎると良くないですので、注意してください。ちなみに、meetsという100円ショップで販売されています。

 

②洗面カップ置き:正方形で、キャンドゥから発売されています。洗面カップ置きとはなっていますが、コースターとしても使えます。

 

③乾燥スティック:調味料などの乾燥剤として使用できます。この商品も、meetsで取り扱いがあります。

 

まとめ

 

100均で、珪藻土の商品が手に入りますので、ただ使うだけでなく、気軽にDIYに色々試してもいいかもしれませんね。

 

珪藻土の100均コースター便利ですので、ぜひ使ってみてください。