アイアンブラケットとは、おしゃれな棚受けの金具のことを言います。

 

ホームセンターなどでも、各種おしゃれなアイアンブラケットが販売されています。

 

また、セリアなどの100円ショップでも、おしゃれなアイアンブラケットが売られています。

 

ホームセンターで売っているものは、値段もなかなか高くて、サイズが大きいものが多いです。

 

ですが、100円ショップのものは、サイズは少し小さいです。値段も100円と大変お手頃です。

 

アイアンブラケットでちょっとした棚を作りたいときには、100円ショップのものをチョイスするのがいいのではないでしょうか。

 

中でも、セリアのアイアンブラケットは、ビンテージ感のあるデザインですので、何かとおしゃれな棚を作ったりするときにも重宝すると思います。種類も何種類かありますので、適宜選択することができます。

アイアンブラケットの取り付け方法

 

 

アイアンブラケットは、取り付けが命です。これを失敗しますと、棚としての機能や役割を果たさなくなります。

 

それどころか、崩落して大変危険です。ではまず、どこに取り付けるかその場面ごとについて取り付け方法を解説していきます。

 

今回は、自宅の石膏ボードに直接取り付ける場合についてです。

 

石膏ボードの裏側にある柱を探して、そこにビスで、アイアンブラケットを留めしていきます。

 

石膏ボードの上からでは、ご存知の通り、柱がどこにあるかはわかりません。

 

ですから、石膏ボードの上から叩いたりして柱の位置を割り出すのですが、なかなか素人には難しいです。

 

そんな時に役立つのが、下地センサーという機械です。それを使用して、柱を探し当てましょう。

 

下地センサー関連記事はこちら!
 ↓      ↓
下地センサーの使い方!シンワはおすすめ?仕組みも調査!

 

この柱に取り付ける施工方法が一番頑丈です。ですが、柱の間隔は長いですので、今回のような簡易な棚をアイアンブラケットで取り付けるのには不向きかもしれません。

 

次は、石膏ボードにアンカーボルト入れて止める方法です。アンカーボルトには、「石膏ボード用アンカー」というものが販売されています。これを石膏ボードに埋め込み、その穴にアイアンブラケットの穴を合わせて、ビス止めれば完成です。

 

石膏ボードの関連記事はこちら!
 ↓      ↓
石膏ボードアンカーの種類と使い方!強度や耐荷重は?

 

ビスはなんでもいいですが、セリアのアイアンブラケットの色味にあうビスが販売されていますので、それをチョイスするといいかもしれません。

 

ビスの長さは、おおよそ1.5センチくらいのものをチョイスしましょう。

 

石膏ボードに穴を開けたくない場合は、ディアウオールの出番です。

ディアウォールの関連記事はこちら
 ↓      ↓
ディアウォールの種類や使い方の注意点は?棚の作り方は?

 

ディアウオールを立てて、そこにアイアンブラケットを取り付けます。

 

これでしたら、木材に直接取り付けするわけですから、手間はかかりますが、簡単に取り付けができますしある程度の強度は確保できます。

 

アイアンブラケット耐荷重

 

施工によっても耐荷重が大幅に変わってくると言えます。ディアウオールを立てて、ホームセンターで購入したアイアンブラケットで棚を作成しました。

 

この場合は、60キロほどの荷物を載せていますが、まだ余裕があります。

 

この作成方法でしたら、本棚としても十分使えそうです。石膏ボードにアンカーで打ち込んで、アイアンブラケットで棚をつける工法でしたら、10キロくらいまでの荷重は問題ありません。それ以上重いと、石膏ボード自体が壊れるかもしれません。

 

では、次にセリアのアイアンブラケットの耐荷重について解説していきましょう。

 

前項の、アイアンブラケットの取り付け方法で説明したもののどの方法で取り付けたとしても、セリアのアイアンブラケットは、棚板を含めて5キロが現実的に使用できる荷重です。

 

10キロのものを置いてもすぐには壊れませんが、長期で使用するには無理がありますので、安全に使用するのは、5キロが限度です。

 

取り付け部が壊れなくても、アイアンブラケットが破損する可能性もあります。

 

ですから、小物や写真を立てて置く、CDなどを少し置くくらいが具体的理想的な使い方ですね。本を並べるのは、お勧めできません。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか、アイアンブラケットは、たくさんの種類がありますので、ご自分の好きなティストのものが見つかると思います。

 

セリアのアイアンブラケットも、100円だからとバカにはできないレベルの商品になっています。ぜひ、おしゃれな棚の取り付けに挑戦してみてはいかがでしょうか?