マスキングテープとは、何かわからない方のために説明しておきましょう。

 

まず、マスキングとは、「包み隠す」「覆い隠す」という意味です。

 

ですから、塗装などを行う場合に、汚したくないものなどや場所に貼るテープです。

 

これを貼ることで、綺麗に塗装することができます。ですから、DIYなどを行う方にとっては、必須のアイテムと言えます。

 

ですが最近のマスキングテープの使用方法はこれだけではありません。

 

イメージ的に、ホームセンターなどでも販売されていますので、黄色にマスキングテープが真っ先に思いつくと思います。

 

ですが、女子に最近受けているのは、柄の可愛いマスキングテープです。

 

これで、デコレーションして、様々なものを手軽にリメイクするのが流行っています(通称「デコる」と言います)。

 

今回は、このようなマスキングテープの活用法やデコる方法(通称「デコ法」)について解説していきたいともいます。

マスキングテープの種類

 

ホームセンターでは、主に黄色で、メイン素材は和紙でできているものが多く販売されております。

 

これは、塗装用などに使うのが一般的です。ですが、もっと専門的に、その種類や幅がさらに細かく分類されているものもあります。

 

大まかには、建築・車両塗装用、またシーリング(コーキング)などの用途に使われます。

 

最近ではさらに細分化して、マスキングテープを貼る下地によっても、その種類が分類されていたりします。

 

マスキングテープ活用術

 

このように、たくさん種類のあるマスキングテープですが、いろいろなことに使えます。では、その活用術について少し解説していきたいと思います。

 

▪️ 綺麗に塗装が完了した木材などにけがくのは結構勇気が必要ですね。ですが、マスキングテープを貼っておけば、余計な傷がつかなくて済みます。

 

筆記用具によっては、マスキングテープの上で滲んでしまうことがありますので、鉛筆などを使用するのがいいでしょう!

 

▪️ ステンシルをする時に、マスキングテープで、ステンシルシートを止めると非常に便利です。

 

また、スプレーでステンシルすると広範囲に飛び散りますので、幅広のマスキングテープを使うと上手くいきます。

 

▪️ 塗装する時に、広い場所を覆いたい時があると思います。その時は、マスキングテープで古新聞を止めて使用すると、無駄にマスキングテープを使うことなく経済的です。

 

▪️ マスキングテープを壁に貼り付けます。その上に両面テープを貼って、お好みの壁紙を貼ります。

 

こうすることで、お手軽に賃貸でも、壁紙を簡単にアレンジして楽しむことができます。

 

▪️ フローリングの上から、マスキングテープを貼ります。その上に、厚めの両面テープを使用して、クッションフロアを貼ると、簡単にゆかのリメイクができます。

 

その他にも工夫次第で、活用法はたくさんありますので、ぜひ色々試してみてください。

おしゃれなデコ法

 

先にも説明しましたが、マスキングテープは、建築やDIY用の味気ないものだけではありません。ここからは、お洒落なデコ法についても、少し解説していきたいと思います

 

おしゃれなマスキングテープでポスターを壁に貼る

 

 

これは、壁に穴を開けなくて済みますし、額に入っているように見えますので、ポスターが非常にお洒落に見えます。

 

携帯ケースをデコる

 

100均などで売っている透明な携帯ケースもマスキングテープで綺麗にデコりますと、お洒落なケースに大変身します。

 

ダブルクリップや木製クリップをデコる

 

 

ダブルクリップなどをマスキングテープで、デコると味気ないクリップただの黒いダブルクリップが、これまたお洒落に大変身します。

 

このようなお洒落なマスキングテープについては、Instagramなどで、#マステで検索してみてください。たくさん可愛い作品がアップされていますので参考にしてみてください。

 

まとめ

マスキングテープは、本格的なDIYで使用したり、お洒落にデコレーションしたり、本当に幅広い用途で使用できます。ぜひ、自分の好きなマスキングテープを見つけ出してで、リメイクを楽しんでみては如何でしょうか。

 

また、DIYでも工夫次第で色々使えますので、ぜひ活用してみてください。