DIYを趣味としている方、卓上の丸ノコをご愛用されている方は、別ですが、皆さん手ノコでまっすぐ木材カットできますでしょうか?

 

自分も自信ありません。まっすぐは切れていても、カット断面が、90度になっていないことは日常茶飯事です。両方がうまくできたとしても、カットした、断面が美しくないなんてこともあります。

 

何より、まっすぐに綺麗にカットされないと、イライラしますよね。

 

木材を寸法の通りに美しく切ることは、木工加工の基本です。作るものの完成のクオリティを大きく左右すると言えます。

 

それを実現させるのが、表題の商品(ソーガードエフ 鋸セット・ソーガイドミニ)です。この商品は、まっすぐカットするだけでなく、45度などのカットも難なくこなせちゃいます。

 

また、寸法をはかり、本来であれば、きちんとカットする場合には、木材の4面に線を引く(ケガク)必要がります。

 

しかし、寸法だけ測ってあとは、ソーガイドをあてがうだけで準備は完了です。

 

位置決めのためのストッパーがありますので、差金を使用して、線を引き直す(ケガキ直し)は必要ありません。

 

卓上丸ノコを持っている方でも、それを出してきて、セットしてくくまでもない、少しだけまっすぐ切りたいという方にもオススメです。

 

ホームセンターで切ってもらっているから大丈夫という方でも、不意にカットする作業が発生したりするときに気軽に使えます。

商品の詳細

 

では、代表的なこの2つの商品について見ていきましょう。

 

 

この商品は、ソーガードシリーズのすべての付属品が揃っています。

 

ツーバイフォー材(ホームセンターで山積みになっている白い木材)までのカットを推奨しています。

 

しかしながら、付属の平行スライダーをセットして、まっすぐな板などをクランプなどで固定し、平行に動かしていけば、長い板も切れます。

 

自分のテクニックでは、30㎝の幅の板くらいまでが確実(ストレスなくカット)でした

 

傾斜角度45度に切れるのもすごく便利なのですが、角度を調整するのは、アナログですので、そこは、毎回ネジで調整します。

 

ですからきちんと、作業工程を考えて、直線カットをきちんと終わらせてから、傾斜角度のカット行うといったようにしていかないと大変です。

 

毎回調整して、ネジの締め直しをするなんてことになってしまいます。

 

ソーガイドミニ

 

 

 

これは、上記のソーガイドのミニ版です。これは、使ってみましたが、参考としまして、ワンバイフォー材までがおすすめです。厚みがある場合や、幅が10センチを超える板のカットは、なかなか厳しい(使用にストレスがある)と思います。もちろん、傾斜角度のカットも可能です。

 

使い方

 

基本的には、寸法の位置にソーガードをセット置いて、ガイドプレートに、手ノコギリを通して使っていきます。ノコギリを使うのと同じです。

 

今更、ノコギリの切り方ですが、引く時に力を入れます。(蛇足ですが、アメリカなどの鋸は、押す時に力入れます。)

 

本当に簡単に使えちゃいます。ホームセンターで売っている、ゼットソーという手ノコギリのメーカーですので、そちらのシリーズと、同等くらいの切れ味(ほぼ問題ない)と思います。

 

ソーガードは、そのまま手で押さえて作業できます。ぐらついたりなどは、ほぼありません。

 

でも、もっと正確に楽に安全にカットしたい場合は、作業台もあれば完璧だと思います。やはり、作業台があるのとないのでは、身体への負担も違いますし、何より、木材などを固定して、安全に作業ができます。

 

 

まとめ

 

表題の通り誰でも、まっすぐに木材カットができるようにます。ですから、完成した作品のクオリティが上がるだけでなく、DIYの作品の幅も広がりがもっと楽しくストレスなくできちゃいます。

 

ベテランの方でも、あれば便利ですし場所もとりませんので、一つ持っていれば、本当に手放せなくなりますね。