もう説明不要の人気塗料ですね。皆さん、難しく考えてしまいがちですが、思っている以上に簡単に塗装できます。

 

これを、100均などで購入してきた、主に木工の製品をリメイクすることで、新品で味気ない商品も、重厚感あるビンテージ風の雑貨にリメイクすることができます。

 

100均で売っているニスを塗るのもそれはそれでいいと思います。

 

ブライワックスの関連記事はこちら!
 ↓      ↓
ブライワックスの人気色は?ウォルナットやチークの使い方!

 

ですが、ニスは垂れたりして、なんだかんだ、難しい分類になると思います。

 

こんなことを勘案して行きますと、ブライワックスが断然おすすめです。

ブライワックスの使い方のおさらい

 

ブライワックスは、油性系の塗料よりも、有機溶剤系の刺激臭がありますので、とにかく換気には十分注意してください。

 

また、手などにつくと、なかなか落ちなくなりますので、軍手や手袋をして作業を行なってください。

 

100均の商品は、そのままでも一見すると綺麗に見えます。ですが、よく見るとささくれが目立ちます。このままやっても、もちろん味ということで、いいかもしれません。

 

ですが、綺麗に仕上げたい場合は、240番程度の紙やすりで、ささくれを落として行きましょう。

 

また、やっぱりもっとダメージ感を出したいという場合には、100番程度の紙やすりで適当にこすれば、ダメージ感を出すことができます。

 

下地が完成したら、いよいよブライワックスを塗って行きます。基本的な塗り方としては、布にブライワックスをつけて、木材に塗り込んで行きます。

 

すぐ乾きますので、30分くらいしたら、乾いた布で磨くようにして拭いて行けば完成です。この時は、新品の布よりは、使い古した布を使用するのがいいです。

 

どんなものをリメイクするか!?

 

まず、100均に行っても商品がたくさんありますので、どんなものをリメイクするか悩ましいところだと思います。

 

なんでもお好きなものをと言いたいところですが、こするような工程が多いですので、あまりフニャフニャのものや壊れやすいものは、NGだと思ってください。(まぁ100円ですので、実験的にやってもいいかもしれません。)それでは、なかなか決められない方のために、少し例を挙げておきたいとおもいます。

 

【木製のフォトフレーム】

着色していない、ナチャラルなフォトフレームが売っていると思います。

 

 

これを、ブライワックスで着色してリメイクしていきます。これは、本当にいい色合いになって、二千円くらいのフォトフレームと比べて遜色ないくらいになります。

 

【木製のまな板】

真四角が嫌な方は、お好みの形に切ってから、ブライワックスで着色すれば、おしゃれなトレイになります。

 

【スノコ】

スノコで本当に定番になってしまいますが、棚、ボックスなどを作ってみましょう。

 

こんな定番のものを定番のスノコで作っても、ブライワックスで着色すれば、他の人とは、ひと味違うビンテージな男前ボックスや、棚に早変わりします。

おすすめの色は

 

ブライワックスは、いろいろなカラーが発売されています。では100均リメイクをする時に、どのようなカラーのブライワックスがいいでしょうか。

 

まず、ブライワックスは、ビンテージ感を出すのが得意な塗料です。

 

ブライワックスを購入する時点で、皆さんはビンテージ感を出したいということを想定していると思います。

 

ですから、「クリア」「ハニー」と言った明るめの色よりどちらかというと、暗めの色がいいです。「チューダー・オーク」「ウォルナット」「ジャコビアン」などのブラウンの暗い系の色がおすすめです。

 

中でも、ウォルナットは、他のニスなどの製品でもカラーバリエーションにも入っています。

 

ですからやはり無難なですが、一番いい色になります。あとは、ご自分の用途やお好みに合わせて使い分けてみてください。

 

ブライワックスの関連記事はこちら!
 ↓       ↓
ブライワックスの塗り方はたわしとハケで簡単仕上げ!人気色は?

 

まとめ

 

ブライワックスを使用することで、100均のリメイク完成度が格段に高くなりますので、SNSで、完成を自慢したくなるはずです。ぜひ、ブライワックスを使用して、いろいろ作って。自慢してみてください^^